虹の橋への扉

もう、11年前。

「虹の橋」という作者不詳の詩をネットで読み、さんざん泣いた。

そして、『虹の橋への扉』というホームページを立ち上げ、「虹の橋からの手紙」を書いた。

知らない間に、たくさんの人が、私の詩を読んでくれていた。

誰かの心を癒せただろうか‥‥

そうであってくれれば、嬉しい。

あのとき、ルルを見送って、そばにいたチョコを抱きしめながらいっぱい泣いて、2年前に、チョコを見送った。

動かないチョコを抱きしめ、泣きじゃくる私に、言葉を覚え始めたばかりの息子が、「お母さん、泣かないで」と頭をなでてくれた。

それ以来、ブログの更新ができなくなった。

そろそろ、大丈夫かと記事を書き始めた時もあったけど、辛くて続かなかった。

今日、この記事を書いていて、やっぱり胸が苦しい。

でも、もう一度、はじめてみようと思っている。